« 美味しいグルメブログ | トップページ | ビールをもっと美味しく飲む方法 »

備前作家 星 正幸さんの土作り

今年のフルーツはとても甘いですね。

スイカ、メロン、桃こんなに甘いの食べたことないって思うほど

今年食べるのはどれも美味しい。

きっと天気が良いのが関係ありそう。

毎日フルーツがいただけるのは贅沢です。

なぜこんなに豊富かというと実家に送られてくるお中元のおかげ。

おすそ分けしてもらってます。

桃は食べる直前に氷水で冷やすと母から教わっていたので

冷やしてみると見た目がとっても涼しげ。

10081713rimg0820

 

可愛いおしり

10081713rimg0832

 

 

10081713rimg0826_2

・星 正幸 作    備前 大鉢

 

 

星 正幸さんは私の師匠です。

岡山県長船町の山の中に星さんの工房はあり

更に山を登ると21メートルの大きな半地下式穴窯があります。

星さんの備前焼は、土作りが一番手間と時間のかかる作業です。

原土の風味をそのまま生かす為全てを手作業で行います。

まず原土の塊を割って土の粗さを細かい、中くらい、粗いの三段階に分ける。

それぞれを原土を木槌で細かく叩いていく。

砂のようになるぐらいサラサラだったので、すりつぶすといってもいいかもしれません。

それから水に浸し、素焼鉢に移して水分を抜く。

水分が適度に抜けたら、薄くスライスして小石を取り除いていく。

そうやって出来た粘土を練りすぎず、ひもにしてから蹴ロクロで紐作りしていくのです。

 

物を作る上でそういう工程を知ると又その作品に対する見方って変わります。

その土がもっている魅力を最大限に引き出してあげる

良いものを作ることに手間を惜しまない

陶芸に限らず全てに通じること。

そいうことも教わったように感じています。

   

 

学校にいるときからそうだったのですが、私は特に土作りが大好きで

みんながロクロの練習をしているのに、一人で外に出て原土をトントンしてたなー

だからロクロが上手くならなかったのでしょうね(笑)

 

 

でもキーボード打つのは上手いです。

↓クリックありがとうございます!

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

|

« 美味しいグルメブログ | トップページ | ビールをもっと美味しく飲む方法 »

備前焼」カテゴリの記事

コメント

(* ̄ー ̄*)美しい師弟関係を垣間見た感じがしたぁ。

星先生とのエピソード心が洗われるなぁ。

先生の背中見て弟子は育つんだなぁ。


うちの先生の事を思い返すと、一番に思い浮かぶのが「どや顔」かなぁ。
実際「どや、まだまだ負けへんで。」って言うてはったしなぁ。

投稿: ikkyu | 2010年8月18日 (水) 00時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1392660/36215812

この記事へのトラックバック一覧です: 備前作家 星 正幸さんの土作り:

« 美味しいグルメブログ | トップページ | ビールをもっと美味しく飲む方法 »