« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

秋刀魚のお刺身@備前長方皿

 

近所の商店街にお気に入りのお魚屋さんがあります。

新鮮で品数充実していてスーパーより安いのです。

秋といえば秋刀魚

新鮮なものはお刺身にして。

  

北海道にいる父の8人兄弟の1番下のおじさんは

毎年北海道の「大黒サンマ」をこの季節になると送ってくれる。

 

私が備前に住んでいるときにも家族とは別にひと箱送ってくれた

氷がみっちり入った中に30匹もはいっている!

えっと、私一人暮らしですよー

知っているんだけれど、喜ばせようとしてくれるおじさんの優しさ。

 

大黒サンマは油がのっていてとろけるような美味しさ。

口なんてきれいな黄色(口ばしが黄色いものが新鮮なサンマの見分け方)

大半は一気にさばいて冷凍保存。

残りは毎日お刺身に、その後焼き魚にしたり揚げたり。

 

おかげでサンマのお刺身が大好きになりました。

そしてサンマを見ると秋がきたなーと同時に

建夫おじさんを思い出します。

 

  

Photo_4

備前長方皿 

 

Photo_5

 

 

  

 

 

秋といえば秋刀魚、松茸、栗・・・クリっくお願いします★

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

備前焼陶芸教室窯詰め

 

本日窯詰めしました。

まずは素焼き(700度前後)です。

 

備前焼は長い時間じっくりと温度をあげて焼き締めるのですが

電気窯を使用しているので、薪窯のように2週間焚くというわけにはいきません。

なので素焼きと本焼きの2度に分けて焚きます。

 

備前の薪窯で焼きたいという生徒さんの作品も素焼きをしてから送ります。

白地よりも丈夫になるので岡山までの道のりも安心です。

作家さんの窯焚きの時に一緒に入れてもらえるようにお願いしています。

もう少し希望者の作品がたまってから郵送しますので

こちらは気長にお待ち下さいね。

 

 

素焼き後、本焼きをして出来上がりです。

17日の教室時にお渡しできると思います。

  

 

来月のお教室は

10月9日(土)、17日(日)、31日(日)です。

  

Photo

 

2

 

Photo_2

 

Photo_3

 

 

 

 

 

毎回窯焚きはワクワク!ドキドキ! 

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ ←ブログはぽっちぽっち!
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日常使う道具@南部鉄瓶

 

温かいお茶が恋しい季節になりました。

 

朝起きたらまずお湯を沸かしてお茶を入れます。

もう何年も使っている南部鉄瓶で。

ヤカンと違って沸いても音はならないし

熱くて素手では触れません。

うっかりお湯をいれたままなんかにすると

すぐ錆びちゃうのです。

 

家族には受け入れられず、扱いにくいと嫌われていましたが

おいしいお茶を入れるためのひと手間は

まったく苦になりません。

鉄分もとれて、お湯がまろやかになります。

 

長時間使い続けていくと内側に白い湯まくができてくるはずなんだけれど

これには出来てこないな。

空焚きしちゃったりしたからだろうな・・・

2代目が来ることがあれば今度はちゃんと育てます。 

それほどまでに魅力があるものだと思います。

 

 

 

Photo

 

  

 

 

 

ひと手間は美味しくなるおまじないのようなもの。

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ ←クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の空 夕暮れ

 

 

 

雨が降っていて寒かった今朝

午後から急に太陽がでてきて暑くなる

そんな忙しい天気の夕暮れ 

 

ゆっくりと確実に表情を変えていく空を眺める

この時間が好き

 

   

G5

 

 

 

G4_2

 

 

 

2_2

 

 

 

 

G3_2

 

 

 

 

G9 

   

 

  

 

 

 

 

 

空を見ているといつも幸せだなーと思う。上を向いて歩こう♪

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

グレープフルーツダイエット

 

夏も終わった

私の下半身に脂肪だけ残して・・・

食欲の秋になる前だというのに太った。

 

ヤフートピックスで知った梨花さんがやっている

グレープフルーツダイエットなるものがあるらしく

どんなものなのかと調べてみると・・・ 

 

朝 : グレープフルーツ+豆乳+サラダ

昼 : 好きな食事

夜 : グレープフルーツ+豆乳+サラダ+メインディシュ

 

この朝のメニューは以前からずーっとやっていたわ。

確かに調子良かったし、最近やらなくなっていたと思ったら太った。

ってことはやっぱり身体に良いんだ。ふむふむ

  

グレープフルーツの香り成分は良い効果があるようで

脂肪をメラメラと燃やして、新陳代謝のよい体にしてくれると。

もうひとつは精神をリラックスさせ、血行を促進する効果があるので

末梢の血行不良を解消できる。

冷え性の女性にぴったり。

皮をむいているときにでるあの香りにこんな効果があるとは。

 

 

そして実には利尿作用があるので、老廃物やたまった水分を排出し

むくみをとり代謝がよくなり、脂肪が燃えやすくなると。

美肌・美白成分であるビタミンCが多いのもいい。

  

美味しいうえにこんなすばらしい効果があるなんてステキ!

 

G2_3 

星 正幸 作 大鉢 

グレープフルーツが豪華に見えちゃうのです。

 

 

 

グレープフルーツの香りが好きで香水には

天然香料の香りを使ってた。

 Kousui

パームツリー 「Pasha!」

自然なグレープフルーツの香りで男性にもグー。

 

 

早速キーボード打ちながら鼻を近づけてくんくんしている。

 

今日は夜食大丈夫そうです。

 

 

 

 ↓ぽっちっとありがとうございます★

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

恵比寿ガーデンプレイスな一日

  

朝から友人の窯詰めのお手伝いへ

お借りしている教室のため流れ作業でスピーディーに行う

無事窯に火を入れ任務終了。

  

その後恵比寿でランチ

行ってみたかった「うどん 山長」へ

Photo

 

Photo

まずお茶が備前焼の湯のみで出てきておっと。

うどんの出汁やおしんこの小皿までも

サインも窯元さんではなく、個人の作家さんらしい

器にこだわっている

なんかいいなー

お店の人に作家さんを聞いてみたら

どなたもわからず

きっとオーナーさんの趣味なんでしょうね。

センスの良さを感じました。

 

Photo_2

ゆず明太子うどん 

お出汁をかけていただく冷たいうどん

メニューたくさんあるから選ぶのも楽しい

ランチには炊きごみご飯もついていて満足

 

その後恵比寿三越で展示されている

 

Photo_6

「うつわのわ 10人作家展」へ

Photo_3

たくさんの作家さんの器、ガラスなどが展示されている

見ていて楽しかった。

好きな作家さんも見つけたり。

  

 

 

Photo_13

ガーデンプレイス内の植え込みには

大きな朝顔が満開

 

   

 

エビスマイブームとあっては

やっぱり素通りは出来ず

 

Photo_7

ビア駅へ

 

Photo_8

エビス琥珀

Photo_10

エビススタウト クリーミートップ

わぁ本当にクリーミー

 

Photo_4

サッポロがお隣にあるだけあって

他ではあまりないエビスの生4種類があります。

 

Photo_11

 

Photo_9

 

Photo_5  

明るいうちから日が暮れるまで

贅沢な時間。

 

 

Photo_12

中秋の満月を眺めながら

六本木ヒルズへ

 

ツタヤで会いたかった友達に会った!

しかも来月結婚する彼も一緒に。

こういう偶然ってうれしい。

結婚式が楽しみです。 

 

 

 

 

とっても酔い?良い一日でありました~。クリックありがとうございます!

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生誕120年!利きYEBISU

 

三連休いかがお過ごしでしたか?

恵比寿や横浜では、ビール祭りが行われていたもよう。

お誘いいただくも、作品の削りがあったので今日は陶芸の日に。

ということで作業が終わって、お楽しみビール祭り。

 

生誕120年を記念して限定発売した

「飛鳥Ⅱ船内限定ビール」が!

YEBISU好きの私ですから、そりゃもちろん。

ほかのとどう違うのかが気になる。

そういうことで比べてみましょう~

 

1

 

利きエビスビール

まずは「飛鳥船Ⅱ内限定ビール」

こちら豪華クルーズ客船「飛鳥Ⅱ」の船内でしか味わえないビール。

まろやか熟成だけあってホントまろやか~

数量限定らしい。

数量とか期間とか限定ってされると弱いのよね。

それにしても美味しいわ

 

で次は、エビスザホップ

うわぁ全然ちがう

さわやかでホワイトビールみたい

 

んでと、次はシルクエビス

最近のお気に入りであったシルク

確かにまろやか

同じエビスでもあきらかに違うんだな。 

 

本当は前種類利きエビスしかたっかけど

さすがに一人では 

3  

ここまで。

これ以上は利き酒にならないと思われます。

 

5

 

ここまではスタンバッていたんですけどね。

あと超長期熟成があればオールスター勢ぞろい。

 

そして11月10日には琥珀YEBISUが

期間限定で発売されるらしい。

そのときこそは利きYEBISU完全制覇したい。

「利きYEBISUの会」発足しなくっちゃ(笑)

  

ところで

ラッキーエビスなるものをご存知ですか?

瓶商品の中の数百本に一本

トレードマークの恵比寿様

左手に鯛をもっているほかに

右手の魚籠にもう一匹鯛が入っているものが稀にあるそうです。 

 

サッポロさんうまいですね、そういうの。

探しちゃうじゃない。

 

 

そしてサッポロといえばなんといってもこれ

北海道限定のサッポロクラッシク大好きです!

 

Classic1

 

10月26日に新しく「’10富良野VINTAGE」なるものが発売されるらしい

http://www.sapporobeer.jp/classic/furano/index.html

 

やっぱり「利きサッポロビールの会」にしましょうかね。

 

 

 

 

↓サッポロビールの回し者ではございません。クリックありがとうございます★ 

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ 
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母のお誕生日@ヒラクヤ 自由が丘

 

9月19日は母のお誕生日。

教室が終わってから自由が丘へ駆けつけました。

家族でお祝いです。

自由が丘の「ヒラクヤ」はハトコ夫婦のはじめたお店で

ハトコのれいちゃんが、土曜日だけお手伝いしています。

なかなかみんなのタイミングが合わずでしたが

今日はお店にでているとのこと

やっとお伺いできました。

  

Photo

 

Photo_2

 

「ヒラクヤ」 自由が丘駅 南口より 徒歩5分

http://www.geocities.jp/hirakuya_jiyugaoka/index.htm#HOME

 

Photo_8

 

ハトコも女兄弟で家もそう。

小さい頃は4人でよくお母さんごっこして遊んでたなー

設定はなぜかいつも海の上、ボートに乗ってるんだったかな。

そしてサメがでてくるので

みんなで助け合って絆を深めていた気がする。

今思うと子供って想像力がすごいな

そして遊びながら大切な事学んでいるのかも。

 

  

 

オススメのワイン

Photo_3   

 

栃木県足利市にあるココ・ファーム ワイナリー

「いまここ」 赤

足利生まれの相田みつを氏の書が、エチケットになっています。

ラベルどおりのやさしい味わい。

シンプルでどんなお料理にも合いそう。 

家族でこのワイナリーにも行かれるそうです。

 

遅れていったのでお料理写真はとれなかったですが

メニューは惹かれるものばかりでセンスいいです。  

〆のラーメン美味しかった。

 

Photo_7

 

れいちゃんのお姉さん、あきちゃんが書いたプレゼント

バカボンドの作者ご本人が書いたのかと思ったほど。 

 

Photo_10

 

ヒラクヤの店名の由来を聞いてみると

店主しんごくんのお父さんがお店を楽しみにしていたけれど

オープンに間に合わずがんで亡くなられてしまったと。

父一人子一人だった彼はせめてもお父さん孝行をしたいと

お父さんの拓(たく)という名前からとってヒラクを。

開拓していくという意味もこめて「ヒラクヤ」

 

カウンターの上にお父さんの写真が

見守っているよう  

 

Photo_9

 

心温まるお話に 

涙腺の弱い母はお約束どおりうるると。

今日は主役ですからね。

 

大切な人を思う気持ちが詰まっている

温かいお店。

 

 

Photo_5

しんごくん・れいちゃん夫婦 

 

ご馳走様でした。 

又お伺いしますね~!

 

 

 

お母さんお誕生日おめでとう!いつまでも家族の太陽でいて下さい(o^-^o)

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ ←応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

火鍋専門店@華 目黒

 

すっかり涼しくなりましたね。

ちょっとテンション低くなっていた?私に気を使ってか

お友達が火鍋誘ってくれたので陶芸教室の後目黒へ。 

 

私の好みを知り尽くすグルメな妹にオススメされたこちら

 

目黒 「中国薬膳 火鍋専門店 華」

http://r.gnavi.co.jp/e949300/ 

 

まずはチンタオプレミアムでカンパイ。

 Photo_2

まったく泡のたたないチンタオビール

冷えすぎなのか、そういうもの?

チンタオプレミアムは色も薄くてさっぱりです。

 

Photo_3

おとうしの前菜が豪華です。

砂肝、豚足スライス、ゆでピーナツ

いけてます!

 

 

ここからつまみ攻めてみます。 

Photo_4

辛いのに備えさっぱりとくらげ

もうちと歯ごたえほしいところ

 

Photo_5

ミミガー 山椒がきいていておいしい 

 

 Photo_6

あればマストの豚足

これば絶品! もっちもち。

たぶん揚げてから煮てるよう。

豚足の種類豊富です。

 

Photo_11

ピータン豆腐 

味が濃くてしょっぱかったのが残念。

 

 Photo_7

火鍋の具材登場 

きのこヘルシー薬膳コース  (2人前)

カリフラワーみたいな子はハナビラタケというきのこ。

どうやら美肌にいいらしい 

このお肉(牛肉、豚肉、ラム肉)の下には食べきれないほどの野菜ときのこたち。

 

Photo_10

これは湯葉みたいなものらしい。

そのほかくずきりのようなものも

 

Photo_8

胡麻だれにつけていただきます。

まるほど辛さもやわらぐね。

 

冷えた白ワインがくいくいとすすみます。

  

見たことない食材やらメニューで定員さんに聞きたいこと

たくさんあるのに皆さん現地の方。

説明がカタコトでうーん、いまいちよくわからない

まっ美味しいからよいかと。 

 

Photo_9

権之助阪を下っていった左側にあるお店

  

美味しくて元気がでてよかった。

 

でも何よりあがったものは滋養強壮のお酒。

度数は50度以上。

すごい強いよといわれたけど、

飲むとそうでもなく、ハーブの香りがして

のどが熱くなりホワンホワンする。

楽しくなっちゃって笑ってしまうというか。

気分が高揚する♪ 

寝る前に飲みたいと言ってたら

お店の人も「マイニチ スコシヅツ ノム」と言っていたので

きっと養命酒てきなものなのね。

とても気に入っるお酒と出会った。 

 

同士よ、ありがとう。

約束は必ず果たすよ。 

  

 

 

  

明日へのチャージ満タンです!

 にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

悪人

 

話題の「悪人」を見に渋谷シネクイントへ。 

監督は「フラガール」を撮った李相日さん

フラガールとても好きな映画だったので期待大

音楽は久石譲さん

 

  

ずどーんと切なく、深く考えさせられ

そして引き込まれてしまった。

運命のいたずらで誰でもが悪人になれてしまうし

裁かれない悪人もいる。

人を殺せばもちろん悪人だけれど

それぞれの立場からみると

悪人の捕らえ方も変わってくる。

ありえるのだろうかと思うほどの純愛が悲しすぎる

人は求めているのだ

 

Akunin   

 

「本気で誰かと出会いたくて」

 

 

 

 

  

朝一で見たので一日中どっぷり。キャストも演技もすばらしく心に残る映画に。

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀座・手仕事直売所@松屋銀座

 

昨日は銀座松屋で開催されている「銀座・手仕事直売所」へ

8階の大催場にて、各ブースごとに展示されています。

 

Kannbann

 

http://www.matsuya.com/ginza/topics/100825e_chokubai/index.html

 

島根県のやきもの。

ここは昭和の半ばに柳宗悦、イギリスの陶芸家バーナード・リーチ

河井寛次郎、濱田庄司ら民芸運動の指導者が訪れたところ。

シンプルでモダンな器は生活に溶け込み使いやすそうです。

 

出店されていた出西窯は柳宗理ディレクションシリーズなるものを

展開していました。

柳宗理のシンプルで無駄のないライン。

ちゃんと入れ子になるようにつくられています。

お皿のふちが無釉になっているので

使っていくうちにどういう変化があるのでしょうね。

急須ポットステキでした。 

 

 

大分県の小鹿田焼(おんたやき)からは

大きくて安定感のあるすり鉢など。

代表的な技法は、飛びかんな・刷毛目など。

なかなか自分では難しく技術を要するもの

力強さを感じます。 

ここの土地にもバーナート・リーチ氏は訪れて作陶されています。

日本の陶芸に大きく関わたことで今の民芸があるのですね。

 

ほかにも北欧のもの(リサ・ラーソンの陶板ステキ~目が釘付け!)

木工、アクセサリー、文房具などたくさん展示されていて

自ら陶芸家さんがブースにたって作品の説明されている姿も。

作り手さんから直接購入できるっていいですね。

 

Photo  

 

いい企画してくれます。

松屋銀座  

Matsuya  

  

 

 

 

三越銀座も11日にリニューアルオープン、楽しみです! 

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ  ←クリックありがとうございます!
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

サーロインステーキ@ビーフ☆オークマ 麻布十番

 

本日麻布十番、陶芸教室の日。

ちょうど終わった頃に母からお誘い

新しくオープンした「ビーフ☆オークマ」に行くとのこと。

グッドタイミングということで晩ご飯は決まりです。 

   

仙台坂下を上っていくと左側に目立つ看板が

絶対に素通りしないほどインパクトあり

Photo_2  

 こちら黒毛和牛A5ランク専門店   

  http://www.beefokuma.jp/index.html

  

 

Tennnai

席の背もたれも高く、半分プライベート空間のようになっていて

とても落ち着く。

カウンターは目の前で焼いていることろが見える

  

Photo_5   

自家製ビーフジャーキー これビールにあう、うまっ!  

 

Photo_8

自家製ぬか漬け お肉と野菜交互にね

 

Photo_7

やらかく煮込んだ甘辛の牛肉にわさびがあう

 

Photo_9

香ばしい焼きキャベツにパルミジャーノチーズをかけて   

 

Photo_10

本日のメイン 黒毛和牛 A5 サーロインステーキ

 

サーロインって牛肉の最高部位のひとつで

ステーキの王様だと。

あまり食べる機会ないから部位はよくわからないけど

美味しいことだけはわかった!

贅沢の極み。

スポンサーいないと食べれません。

 

ソースも選べて

ステーキソース、にんにく醤油、胡麻ダレソース、ポン酢

4種類をつけて味比べ。  

 

 

Photo_12

このお肉サインがなんともいい

  

お店の器もところどことにセンスの良さが。

 

母と妹三人で「美味しいね~」を言い合い

久しぶりの外食を楽しみました。

ご馳走様でした。

 

  

 

 

完全にグルメブログよりになってきちゃってますが

陶芸ランキングに参加しています・・・(*゚ー゚*)

  ↓

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ   

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天然温泉@武蔵小山温泉 清水湯

 

疲れがたまっているなーと感じていたので

本日温泉DAY

 

ここは天然温泉が2種類あり、サウナや岩盤浴もある。

 清水湯    http://www.shimizuyu.com/index.html

 

 

 

Ofuro

 

とってもきれいな温泉。

 

露天風呂の中庭に竹が生えていて

風が吹くと竹の葉がサラサラゆれて

雨のしずくが落ちてきて気持ち良い

空を眺めながらのお風呂って最高。 

美肌効果の効能があり、お肌がつるつるに。 

たまにはこういうお手入れしてあげると

身体が喜んでるって実感出来る。 

 

温泉→水風呂→露天風呂→水風呂→ジェットバスでマッサージ の繰り返し

お水を1.5リットル飲み飲みしながら3時間も入っていた。

手もしっわしわになったところで一丁あがり。

すっかりリフレッシュです。

疲れた身体は温泉で癒す オススメです。 

 

 

  

 

今日から秋に近づきましたね。 栗っく!・・・(・_・)  ありがとうございます。。。

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

極上 ビーフヘレカツサンド@新世界グリル梵

 

夏だというのに太ってしまった。

原因はよく食べてよく飲むこと。

ホント育ち盛りかっ!ってつっこみいれたくなる 

それだのに

今夜はこんな頂だきものをしたので

24時をすぎたというのにパクパク

 

Photo

 

銀座のカツサンドといえば梅林が有名ですが

こちら「新世界 グリル 梵」はお初。

大阪が本店で老舗なんですね。 

 

 http://www.grill-bon.com/

 

Photo_2  

 

極上 ビーフヘレカツサンド って書いてある

なぜヘレカツ?  

とにかくお肉がしっかりと食べごたえあり

美味しい。

  

 

 

 

私もこうなり気味

 

 

 

 

 

Abura 

 

こんなアピールされても

美味しそうとは思わなかった・・・

 

 

 

 

 

私”美味しそうに”脂のってます!

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ      ←ぽちり ありがとうございます!
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

へうげもの

 

唯一読み続けているマンガ 

「へうげもの」

これ本当に面白い!

戦国時代、織田信長、豊臣秀吉に仕える武士・古田織部の話。

千利休に師事する茶人で、やきものに魅せられた数奇者。

歴史やお茶の世界のこともわかりやく

武士にとって茶室とはこういう場所であったのかと。

そして時折プッと笑ってしまう場面もちりばめられて

名物を見ると身体が反応して(これすごいわかる!)

はにゃ~とした顔するひょうげたお方。 

愛すべきキャラ。

 

何巻まで続くんでしょうね。

10090522rimg1162

  

 

 

  織部さんとっても茶ーミング! 

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の花 りんどう 花言葉

                  

 

                          りんどう (竜胆)

               

              Photo_9
    

                         貫入土 ロクロ 染付けマット 

   

 

 

 

 

                      悲しんでいる時のあなたを愛す  

 

 

 

 

 

 

 染み入る言葉。

 そういう人になりたい。

 にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

  

| | コメント (0) | トラックバック (1)

備前四方皿にアレキサンドリア

 

岡山からぶどうが届いた。

送り主は陶芸学校同期の友達

彼のお兄さんがつくっているぶどうは

岡山にいるときにもいただいたことがあるのだけど

とっても甘くて本当に美味しかった。

その名も果物の女王「マスカット・オブ・アレキサンドリア」

宝石のように光り輝く美しさは女王っていうのも納得。

 

Photo_5

 

岡山で車のなかった私はよく車に乗せてもらったり

お父さんが作っているという人参をもらったり

親切にしてもらったなー

東京に帰る前の日は何か必要なものある?って聞いてくれて

トイレットペーパーを一個届けてもらったんだった。

そんなお願いする人がいるだろうか?笑

 

Photo_6

 

そんなことを思い出しながら食べた。

 

 

 

 

ありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 ↓ 清き一票をお願いします!

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

備前作家 細川 敬弘 展@長縄 2

 

Photo

 

Photo_2

 

Photo_3

 

Photo_4  

マーブルとボタの火色がきれいな木の葉皿

 

Photo_5

一枚一枚違う景色

 

Photo_6

紐作りの大きな花器

 

Photo_7

 

Photo_13

伏せ焼で口にビードロ

薪窯の魅力です。

 

Photo_8  

 

Photo_10

 

Photo_9

 

Photo_11

 

Photo_12

  

細川くん在廊日 : 4(土)、5(日)

そして5(日)は17時から、

細川くんの備前土で登り窯焼成のぐい呑み教室をするそうです。

 

長縄  http://www.naganawa.jp/  

学芸大駅より徒歩6分

閑静な住宅街の中にあるステキなお店です。

店の前にある立派なざくろの木には実がわんさかと。

赤くなる頃また行こう♪

   

 

↓ぽっちり ありがとうございます!

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハンス・コパー展@汐留ミュージアム

 

ハンス・コパーはイギリスの陶芸界で活躍した作家 

彼の人生はルーシー・リーのボタン製造の助手になったことから変わった。

 

彫刻のようなオブジェなのかと想像していたがまったく違った。

最初に感じるクールで繊細な印象とは別に

プリミティブな質感で少し寂しくなるような感覚。

昔を懐かしんで切なくなるような気持ちに似てる。

全てが何かを包み込むように丸みをおびていて

人間の身体の一部のようにみえたりした。

相反する2つのものが一緒に包まれている。

 

不思議な感覚

 

10090103rimg1111

汐留ミュージアム 9月5日(日)まで

 

 

 

ルーシー・リーの作品も展示してありました。

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »