« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

大掃除とたらこスパゲティー

 

大掃除するときにやらなくちゃと思っていた

一番開けない押入れの上の中のものを出してみた。

箱があって何が入っているかわからない。

開けてみる、眺めて入れ替えて閉じる。

これ片付けじゃない!って自分にイラっとしつつ。

 

使ってないのに捨てられないものって多すぎる。

性格の問題なんだけど苦手。

どうもスイッチが入らないと捨てられないみたい。

 

床に出しっぱなしで電池切れ。 

おなかが空いたよー。

 

  

 

実家からたらこをもらってきたので

たらこスパゲティーにする。

 

料理をするときは、ネットでレシピを検索してみる。

いくつか見比べて、それぞれの良いとこどりをするのが好き。

冷蔵庫のあるものでアレンジ。

 

レモンないけどカボスでいいな。

日本酒とアンチョビを入れるとなっていたのを

塩辛でも美味しいって書いてある。

ちょうどある。

  

 

  

 

Photo

 

 

私にしてはとても美味しくできた。

塩辛とたらこって合うんだねー

海の幸つながり。 

 

 

今日は入れ替えだけして終了。

 

入れ替えただけなのにすごくスペースが出来た。 

収納べたという事も再認識。

  

 

 

片付けが大得意の妹に断捨離(だんしゃり)本でも借りてきて

自分を奮い立たせてから始めなくては。

出来たら監督もお願いしたいぐらい。

たらこスパゲティーで手を打たないだろうか。

温泉付でどう?

 

  

 

 

 

  

 

姉妹でこうも違うのかって言うほどに正反対。 だから仲良しなのかな(*^-^)

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ ←クリックありがとうございます!
にほんブログ村

人気ブログランキングへ ←!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀座 並木通りでお餅つき

 

 

 

銀座の並木通りをあるいていると

ん、お餅を?ついている!

 

 

「よかったらどうぞ」と

きねを渡されて

飛び入り餅つき体験。

 

 

 

Photo

三人係りでぺったん、ぺったん 

 

 

Photo_2

よいしょー

へっぴり腰ですね

 

 

 

Photo_3  

ちょっと叩いただけなのに

熱くなってきた。 

 

 

 

 

備前焼きに「緋襷」(ひだすき)という景色があって

藁(わら)を巻いて白地に赤い模様をつけます。

  

その藁を巻くときにやらかいものが巻きやすく

器にフィットしやすいので。

水分を吹きかけてゴンゴンと藁を打ちます。

 

もう汗がしたたり落ちるほど体力を使うので

藁を抑える人と叩く人の交代でやってました。

 

 

 

叩きながら、この熱くなる感じ知っているぞ?

とそんなことを思い出しました。

  

 

 

Tokuri

緋だすきの徳利

 

  

  

 

 

つきたてのお餅もその場でいただき大満足!

 

 

 

 

 

 

このビルの上にあるマッジクショーのお店やさん企画だそうです。

ナイスです! 

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ ←クリックもついて下さいヽ(´▽`)/
にほんブログ村

人気ブログランキングへ ←もひとつ、よいしょー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お寿司「さくら」@銀座

 

 

先日、銀座のお寿司屋さん

「さくら」へ連れて行っていただきました。

http://www.ginzasakura.com/

 

 

2年前の11月1日にオープン。

11月1日はお寿司の日だそうです。

  

 

  

Photo

 

 

Photo_2

金目鯛の下はご飯が

やさしい味の餡がいいな

  

Photo_3

黄色いお皿は

お刺身が映える

なるほどー

  

 

Photo_4

  

 

Photo_5

   

 

Photo_6

焼酎につけて作られているからすみ

ねっとりしている半生タイプ

美味!  

  

 

Photo_7

  

 

Photo_8

大間の鮪  

  

 

Photo_9

黒トュリフ入りイタリア産の塩で

これあう、好きだ。 

 

 

Photo_10

手元の良く見えるカウンター

無駄がなく見ていて気持ちいい

 

 

器がステキなので

目で見て楽しんで、食べて美味しい。

2度美味しいってことです。

 

  

  

 

びっくりしたのが、南アフリカの白ワインがお寿司に大ヒットだったこと!

後藤さんが料理に合わせてセレクトしているだけ合って

マリアージュが最高でした。

 

 

今まで味わったことのない新しいお寿司の食べ方で

とても新鮮!

 

 

今度は寿司好きのお友達を誘って行ってみたいと思うお店です。 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ←クリックありがとうございます!
にほんブログ村

人気ブログランキングへ←こちらもありがとうございます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分へのクリスマスプレゼント

 

 

小野哲平さんの急須

 

 

 

 

Photo

 

 

 

 

 

Photo_2

 

 

  

最終日に再度個展会場へ

 

畳の上でぺたんと座り込み

さんざんどうしようかと迷ってみて

  

 

急須を買うことを決めて行ったのに

なんだか色々見ていたらあれもいいとか

思ってきたりして・・・気が多いんだよな。

  

 

でもこういうのって楽しい悩み。

 

 

お店の人が、ちょうど同じ急須を使っていたので

茶漉しは使っているかなどを教えてもらい

第一印象のこのこに

お家へ仲間入りしてもらうことに決定。

 

 

 

帰りに急須の穴にかぶせる茶漉しを探してみたけどなくて

そのまま緑茶を飲んだらとても美味しかった。

お茶の葉が泳いでちゃんと開くんだなー

 

  

 

 

お茶を入れるたびにうれしくなり

台所で見かけるたびににんまりしている。

   

 

 

 

幸せな気持ちになれるプレゼント。

 

 

 

 

Photo_3

 

 

  

 

メリークリスマス! 

  

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ ←☆
にほんブログ村

人気ブログランキングへ ←☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘年会のショータイム

 

 

備前焼陶芸教室の忘年会を開催。

 

今年もお世話になりました。 

おかげ様で丸一年たち

続けていけることに感謝です。

 

ありがとうございます。 

 

  

  

 

 

 

 

生徒さんのショータイムもあり 

 

 

Photo

 

 

赤ふんの必要はまったくありませんが

いうなれば彼の戦闘服のようなものでしょうか。

 

おニューの13万円のギターで熱唱です。

 

  

おひねりが赤ふんに次々とはさまり

大笑いしながら夜も更けました。

 

   

 

 

 

 

来年もみんなでたくさん笑いましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「他の陶芸教室はどうなんですか?」と聞かれますがここは特殊です! 

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ ←!
にほんブログ村

人気ブログランキングへ ←!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

織部が愛した茶碗@畠山記念館 白金台

   

畠山記念館に

「織部が愛した茶碗」を見にいきました。

 

 

桜田通りからだいぶ奥まった住宅街に

こんな門構え現れる。

 

 

Photo

 

  

広い庭園は手入れが行き届いていて

奥にはお茶室もありました。 

  

 

Photo_3

 

  

お庭のもみじが真っ赤に紅葉していてキレイ。

今年は紅葉見れなかったのでうれしい。

 

 

 

Photo_2

 

 

  

黄瀬戸、黒織部、志野

桃山のすばらしい茶碗です。

桃山を再現したくなるのがわかります。 

 

  

 

 

楽長次郎作の灰器がとてもステキでした。

土器のようなのにモダンな形。

銘 「大笑」

名前もいいな。

   

 

 

だけどなんといっても驚いたのが

備前陶芸センター時代に

ロクロの目の前にコピーして貼っていた

あの備前徳利「五郎」が!

 

 

 

ご、五郎あなたに会えるなんて。

愛しの五郎に初対面です。

きゅん。

  

 

  

 

 

※ 徳利の銘が「五郎」なんですよー。 

  私がそう呼びつけてるわけではございません。 

  

  

 

  

 

この形に近づけたくて

徳利練習してました。

 

 

 

ぐっとくる形だよな。

  

ねっとりとした肌感に黄ゴマがかかって。

肩に十字のサイン。

 

うーん、いい!

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

桃山生まれの五郎さん、惚れぼれするいい男です。

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ ←ぽっちんクリックありがとうございます☆
にほんブログ村

人気ブログランキングへ ←☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甘えること

 

風邪ひいたからと

週末は実家に戻り

上げ膳据え膳でしっかりと甘えてきた。

 

Photo

 

 

Photo_2

 

 

 

Photo_3

 

 

 

2泊も安静にしていたけれど

一向に良くならないので

今朝耳鼻科へ

顔のレントゲン写真を撮り

写真を見ながら

先生が「副鼻腔炎」ですねと。

鼻の奥が炎症をおこして腫れている。

ほっぺがすごく痛かったのは膿んでいるからと。

 

 

1週間じゃ治らないので来週又来るようにと。

お薬5種類ももらった。

 

   

 

 

人って弱ると誰かに甘えたくなる。

弱らなくたって甘えたいときはあるのだけれど。 

  

弱っているときは堂々と甘えられる。

 

 

 

「りんご擦ってほしい」

「しょうが入りハチミツティー作って」

「手のマッサージして」

「湯たんぽのお湯熱いのにかえて」

「濃いお茶飲みたい」

 

お願いしたら、またゴロリんちょ。 

  

  

  

甘えるって誰にでも出来ることじゃない。

 

家族にも甘えづらい人もいるかもしれないけど 

そしたら恋人か友達にそういう人が一人でもいたら幸せだと思う。

心を許せて素直に自分を出せる人がいたら。

  

  

  

 

そして今度はその人が弱ったときには

甘えてもらいたいなと。

思える人が。

   

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

わがまま言い放題の中そんな事と思ったのでありんした。 

 

 

 

 

   

 

 

  

「私自身の日ごろのおごりが招いたもの・・・」   お酒と体調管理に気をつけます。

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ  ←皆様もお体にはくれぐれもお気をつけ下さいませ☆
にほんブログ村

人気ブログランキングへ ←!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小野哲平 陶展@kaikai kiki Gallery 元麻布

 

 

 

現代美術を専門に展示販売する

村上隆さんのカイカイキキギャラリーにて

初めてのやきもの展覧会。

 

 

「心の闇で、光を放つ。」  

 

高知で作陶されている小野哲平さん。 

 

  

Photo_3

 

 

  

広々とした空間に小野さんの作品がずらりと

美術館のようです。

 

 

 

Photo_4  

 

  

奥は畳がひいてあり(これステキなアイディア!)

ぺたんと座ってゆっくりと作品を見ることが出来るのです。

 

 

 

荷物も入り口で預かっていただき

靴もぬぎ

器を高い位置で手にする緊張感から開放されて

  

 

 

作品の中に引き込まれました。

  

 

 

手にとって静かに向き合うと

とても熱いものが込み上げてきて

なんだか涙しそうになるような。 

 

  

触っていて心地よい。

 

 

ゆるやかな音楽と共に映像が流れていて

その中で小野さんがお話していた

「手がいく器がある」と。 

 

  

 

そういうことなんだな。

そういう気持ちにさせるものに自然に惹かれる。

 

  

  

  

http://gallery-kaikaikiki.com/

 

もう一度行こう。

   

  

 

 

 

 

 

   

 

 

連れて帰りたくなるんだろうなーあのこ。

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ ←クリックありがとうございます☆
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

牛たたき丼@がぶ 武蔵小山

 

 

 

 

武蔵小山にある洋食や「がぶ」へ

  

 

Photo_2

  

 

 

 

 

お目当てはがぶ丼

 

 

Photo

 

牛のたたき丼です。

 

レアな牛肉を薄くスライスして花びらのように

お肉の下にキャベツがひいてあります。

醤油ペースのたれがかかっていて

荒挽きのブラックペッパーがいいスパイスに。

 

 

美味しかったです。 

 

 

見た目よりもボリュームはなかったのでペロリ。

 

 

よく一緒にご飯に行く友達は、それを察したようで

「足りたの?」って心配して聞いてきた。

 

 

またしても顔にでてしまったようで・・・。

 

  

食後のデザートを買って帰りましたとさ。 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

食欲旺盛肉食系女子。育ち盛りか?

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ ←ぽっちっとありがとうございます☆
にほんブログ村

人気ブログランキングへ ←よろしければこちらもおひとつ☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横山拓也 作陶展@桃居 西麻布

 

  

 

備前焼陶芸教室の帰りに

横山拓也さん作陶展へ

 

西麻布 「桃居」

 http://www.toukyo.com/exhibition.html

 

 

 

 

 

 

 

2  

 

 

 

 

Photo_20

  

 

 

 

Photo_5

 

  

 

 

Photo_6

 

 

 

 

Photo_7

 

 

 

Photo_10

 

 

Photo_11

 

 

 

 

Photo_15

 

  

 

 

Photo_21

 

 

  

 

 

Photo_16

 

 

 

 

 

  

 

Photo_12

 

 

 

 

Photo_13

 

 

 

 

 

 

 

Photo_14

 

 

 

 

  

戦場カメラマンの渡部陽一さんに似ていると

ツイッターで情報を得ていたが本当だ。

話し方もあそこまでスローではないけど丁寧で似てる(笑)

  

 

そんなことをきっかけに話かけたら

とっても気さくな方で

どうしてそうなるのかなと思う疑問にも

たくさんお話聞かせてもらえた。

 

  

 

 

 

  

白化粧とても味わい深く

使っていくとどんな変化をするのか聞いてみたところ

変化しないそうです。

それは釉薬のかけ方が・・・えっー

初めて聞きました。

それは企業秘密ではないのかな?と

いうような事まで教えていただきました。 

 

  

 

去年からはじめられたという黒い釉薬の作品は

窯の置く位置による釉薬の溶け方で

溶け具合の呼び名が4段階あり。

オオトケ、コトケとか、お茶目である。

  

 

黒一色の中に表情があり

これで日本酒飲んでみたいと思いました。

   

 

 

ものを作るときのプロセス、作品に対する思い

横山さんの解説付きで作品を拝見。 

  

 

なんと贅沢な個展の楽しみ方でしょうか!

 

 

 

 

 

  

 

 

Photo_22

 

あまりに楽しかったので記念にとこんなお願いまで 

 

初めてです!個展で作家さんとパチリ

友達と行くとこんなうれしいことも出来ちゃうとは。

  

 

 

 

 

横山さん楽しいお時間

どうもありがとうございました♪

 

 

 

 

 

 

 

「粘土遊び」の集合体。 いい響きです。

 

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ ←くりっくありがとうございます☆
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土と仲良くなった日

  

 

ここのところ陶芸教室や友人でも

新たに電動ロクロを始める人が多くなりました。

  

 

なので土と格闘しているところを見ると

毎回自分の時の事を思い出します。

  

 

 

私もホント悪戦苦闘していたな・・・。

   

 

 

 

学校でも1,2番にへたっぴだった私。

  

 

大きな粘土の塊となるとどんなに力を入れたって

粘土と一緒に手も動く。

次の日は筋肉痛になるし

なかなか上達しなかった。

  

 

 

先生はいつもやさしく

「誰でも出来る」と言っていた。

やってさえいれば誰でも出来ると。

 

自転車だってそうだろうと。

  

 

今はその意味がわかるようになった。

  

 

だって出来るようになったもの。

 

今だって上手いわけではないけれど

確実に前より出来るようになっている。

そして出来るとどんどん楽しくなる。

 

 

 

 

自転車に一回乗れたら

乗り方がわからなくなるって事はないってことか。

   

  

粘土の扱う感覚、コツだ。

  

 

用は相手を知ると、

仲良なれるってことだと思う。

  

 

だからきちんと向き合うことが大事なんだと。

だから心ここにあらずなときや

あせったり、強引にしたりすると

全然言うこと聞いてくれない。  

 

 

土はとーっても素直で正直なのだ。

 

  

  

 

だからよく思っていた。

土も人も一緒だなって。

 

 

 

  

  

ある日いつものように

土と戯れていたとき

ふっと

あっ、土と仲良くなれた!

という瞬間があった。

  

  

 

そのときの気持ちは忘れられない。 

  

なんだろう気持ちが通じ合った瞬間のような。

  

  

 

 

うれしすぎて

回りの人に言ってみたけど

きょとんとされた(笑)

 

 

  

 

 

そんなことを思い出しながら

教室が終わって

ロクロをひいてみた。

 

  

 

今までにないほど土と息があった。

又、はじめての感覚。

とても気持ちがよかった。

 

 

目の前に形になったものが

すごく愛おしく感じた。

   

 

この高揚感がたまらなく好き。

  

 

 

まだまだ発展途上なので発見がたくさんある。 

   

そしてこの先ももっと知りたいと思う

まだ味わったことのない世界へ。

  

 

  

  

 

 

 

 

Photo

備前陶芸センター 

 

ロクロから顔をあげるとこの景色

 

上手くいかない時だって

癒された~

 

  

 

 

 

  

  

 

  

  

 

電動ロクロは難しくもあり、楽しいものだ!! 

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ ←くりっくありがとうございます☆
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飾の道具~shimoo design+宮岡貴泉@Petit luxe 東銀座

 

激しい雨風が通り過ぎ

あたたかな風が吹き抜けた本日

12月なのに素足でお出かけ。

 

 

Petit luxe  

http://www.petit-luxe.jp/event.html

  

 

木工家具のshimoo designと陶芸の宮岡貴泉さんのコラボ

  

  

 

Photo

 

 

Photo_4

  

 

Photo_5 

  

 

Photo_2

 

 

Photo_7

  

  

 

Photo_8

  

 

 

Photo_17 

羽子板のトレイ

それぞれ素材が違いました。

羽子板っていうのが日本ならではでいいですね。

お正月にはもってこい。

 

 

Photo_16

陶器のアクセサリー  

 

 

Photo_11

ファッションに取り入れるスタッズ好きです。

陶器につけるのもキラリと光る個性があります。 

  

 

 

ご本人いらっしゃってお話することが出来ました。

そういえば宮岡さんスタッズが似合いそう。

 

  

 

Photo_12   

立礼セット

椅子とテーブルを用いてする手前のことです。

こちらも作ってもらったとのこと。

これさえあればどこでもお茶が楽しめる。

   

 

  

Photo_13

オーナーの江口さんにお抹茶を立てていただきました。  

   

 

 

Photo_14  

お抹茶茶碗は宮岡さんのものです。

 

  

 

Photo_15

磁器土に釉薬を混ぜて黒にしているそうです。

陶肌がすべすべしてなめらか

この質感好きです。

  

  

 

 

 

敷居の高くないお茶の楽しみ方を提案されています。

自分の好きな器でお作法を気にせず気軽に楽しめれば

もっとお抹茶を頂く機会も増えそうです。 

 

  

お家でお抹茶

茶ガールデビュー!  

 

  

 

ご馳走様でした。

 

  

 

 

 

 

 

 

そういえば抹茶が賞味期限切れだったわ。 早速買いに行ってこー。

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ ← くりっくありがとうございます☆
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

陶芸教室のアイドル

 

 

いつもニコニコ笑っているご機嫌な女の子

  

 

 

うめちゃんがいると教室に笑顔が広がります。

 

   

 

Photo

 

  

 

  

 

Photo_2

 

ぽにょ顔! 

  

ほっぺが大福

いや白子みたい。

かっぷとしたくなるー。

  

 

 

  

 

  

 

 

笑顔はいいな♪

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村  

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »