« 飾の道具~shimoo design+宮岡貴泉@Petit luxe 東銀座 | トップページ | 横山拓也 作陶展@桃居 西麻布 »

土と仲良くなった日

  

 

ここのところ陶芸教室や友人でも

新たに電動ロクロを始める人が多くなりました。

  

 

なので土と格闘しているところを見ると

毎回自分の時の事を思い出します。

  

 

 

私もホント悪戦苦闘していたな・・・。

   

 

 

 

学校でも1,2番にへたっぴだった私。

  

 

大きな粘土の塊となるとどんなに力を入れたって

粘土と一緒に手も動く。

次の日は筋肉痛になるし

なかなか上達しなかった。

  

 

 

先生はいつもやさしく

「誰でも出来る」と言っていた。

やってさえいれば誰でも出来ると。

 

自転車だってそうだろうと。

  

 

今はその意味がわかるようになった。

  

 

だって出来るようになったもの。

 

今だって上手いわけではないけれど

確実に前より出来るようになっている。

そして出来るとどんどん楽しくなる。

 

 

 

 

自転車に一回乗れたら

乗り方がわからなくなるって事はないってことか。

   

  

粘土の扱う感覚、コツだ。

  

 

用は相手を知ると、

仲良なれるってことだと思う。

  

 

だからきちんと向き合うことが大事なんだと。

だから心ここにあらずなときや

あせったり、強引にしたりすると

全然言うこと聞いてくれない。  

 

 

土はとーっても素直で正直なのだ。

 

  

  

 

だからよく思っていた。

土も人も一緒だなって。

 

 

 

  

  

ある日いつものように

土と戯れていたとき

ふっと

あっ、土と仲良くなれた!

という瞬間があった。

  

  

 

そのときの気持ちは忘れられない。 

  

なんだろう気持ちが通じ合った瞬間のような。

  

  

 

 

うれしすぎて

回りの人に言ってみたけど

きょとんとされた(笑)

 

 

  

 

 

そんなことを思い出しながら

教室が終わって

ロクロをひいてみた。

 

  

 

今までにないほど土と息があった。

又、はじめての感覚。

とても気持ちがよかった。

 

 

目の前に形になったものが

すごく愛おしく感じた。

   

 

この高揚感がたまらなく好き。

  

 

 

まだまだ発展途上なので発見がたくさんある。 

   

そしてこの先ももっと知りたいと思う

まだ味わったことのない世界へ。

  

 

  

  

 

 

 

 

Photo

備前陶芸センター 

 

ロクロから顔をあげるとこの景色

 

上手くいかない時だって

癒された~

 

  

 

 

 

  

  

 

  

  

 

電動ロクロは難しくもあり、楽しいものだ!! 

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ ←くりっくありがとうございます☆
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

|

« 飾の道具~shimoo design+宮岡貴泉@Petit luxe 東銀座 | トップページ | 横山拓也 作陶展@桃居 西麻布 »

制作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1392660/37960372

この記事へのトラックバック一覧です: 土と仲良くなった日:

« 飾の道具~shimoo design+宮岡貴泉@Petit luxe 東銀座 | トップページ | 横山拓也 作陶展@桃居 西麻布 »