« 甘えること | トップページ | 忘年会のショータイム »

織部が愛した茶碗@畠山記念館 白金台

   

畠山記念館に

「織部が愛した茶碗」を見にいきました。

 

 

桜田通りからだいぶ奥まった住宅街に

こんな門構え現れる。

 

 

Photo

 

  

広い庭園は手入れが行き届いていて

奥にはお茶室もありました。 

  

 

Photo_3

 

  

お庭のもみじが真っ赤に紅葉していてキレイ。

今年は紅葉見れなかったのでうれしい。

 

 

 

Photo_2

 

 

  

黄瀬戸、黒織部、志野

桃山のすばらしい茶碗です。

桃山を再現したくなるのがわかります。 

 

  

 

 

楽長次郎作の灰器がとてもステキでした。

土器のようなのにモダンな形。

銘 「大笑」

名前もいいな。

   

 

 

だけどなんといっても驚いたのが

備前陶芸センター時代に

ロクロの目の前にコピーして貼っていた

あの備前徳利「五郎」が!

 

 

 

ご、五郎あなたに会えるなんて。

愛しの五郎に初対面です。

きゅん。

  

 

  

 

 

※ 徳利の銘が「五郎」なんですよー。 

  私がそう呼びつけてるわけではございません。 

  

  

 

  

 

この形に近づけたくて

徳利練習してました。

 

 

 

ぐっとくる形だよな。

  

ねっとりとした肌感に黄ゴマがかかって。

肩に十字のサイン。

 

うーん、いい!

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

桃山生まれの五郎さん、惚れぼれするいい男です。

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ ←ぽっちんクリックありがとうございます☆
にほんブログ村

人気ブログランキングへ ←☆

|

« 甘えること | トップページ | 忘年会のショータイム »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1392660/38108269

この記事へのトラックバック一覧です: 織部が愛した茶碗@畠山記念館 白金台:

« 甘えること | トップページ | 忘年会のショータイム »