« 1月陶芸教室のお知らせです | トップページ | お茶づけの器@国立新美術館B1F ミュージアムショップ SFT »

猿山道場

 

 

 

 

 

 

今日も雪が降っていました。

 

今年に入って初めて土に触りましたが 

 

 

がーーーーん。。。 

 

粘土が凍っていて最初から練り直し・・・

 

氷のように冷たい粘土を荒練り、

新しい粘土なのに再生粘土のようにねりねりと。

 

 

 

長野に住んで3年目。

 

最初の1年は長野市内だったので凍ることはなかったのですが

 

 

今のところはすべてが凍り付くってことすっかり忘れていました。 

 

 

 

 

 

相変わらず初心者みたいなことばかりだわ。

 

今年の冬はしっかり守るよ粘土くん!と言い聞かせる自分に。 

 

 

 

 

 

 

このたびうつわノート企画の猿山道場に入門いたしました。

 

 

7月にうつわノートの企画展「猿山道場」の中で

 

デザイナーとしての猿山さんの人を育てるというところに着目し

 

公募という形で入門生を集っていたのです。 

 

なんと幸運なことに10名に選んでいただき弟子となりました。

 

 

 

うつわノートとは川越にある素敵な一軒家のギャラリーです。 

 

そして猿山道場とは麻布十番にある

 

アンティークや現代の作家ものを取り扱うギャラリーを構える猿山修さんが 

 

師匠となる道場のこと。

 

 

こんなざっくりとした説明では足りなすぎるのでこちらをご覧ください。 

 

 

 

 

 

 

 

うつわノート

http://utsuwanote.exblog.jp/

 

 

 

 

さる山

http://guillemets.net/saruyama/saruyama.html

 

 

 

 

お題はみんなが同じデザインのスープボウルを制作すること。 

 

 

 

先日うつわノートでの打ち合わせがありました。

 

 

 

 

さてまったく図面などつくったことなく制作してきた私。 

 

 

おおざっぱな私がこの企画って・・・・チャレンジです。

 

 

 

 

 

 

新しい自分に出会えるべく険しい山に登ってみようと思います。 

 

 

 

 

 

 

どうなることでしょうか? 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

010

 

|

« 1月陶芸教室のお知らせです | トップページ | お茶づけの器@国立新美術館B1F ミュージアムショップ SFT »

企画展」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1392660/54645837

この記事へのトラックバック一覧です: 猿山道場:

« 1月陶芸教室のお知らせです | トップページ | お茶づけの器@国立新美術館B1F ミュージアムショップ SFT »